事業内容   
    材料仕入れから成形、出荷までの概要

森田ライト工業株式会社では、材料仕入れから成形、検品、出荷までの各工程で品質と化学物質の管理に努めています。
◆新規取引きする成形材料は、仕入先から製品中の管理対象物質情報を確認し、管理対象化学物質名と含有率を確認しています。
尚、成形材料の原料は原油から精製されるナフサが主原料です。
 

◆成形材料仕入れ

成形材料を仕入れたら、入荷日をスタンプし、先入れ先出しに留意しています。
 
◆金型管理
成形前、成形後に金型メンテナンスを実施し、成形時に最適な金型で生産出来る様にしています。
 
 
◆成形工程             
 
1)金型を成形機にセット
2)成形条件基準書に基づき成形試打ち
3)モノだしが出来たら第三者が初物外観寸法検査を実施
4)初物検査OKにて量産スタート
5)人付き成形量産中、目視外観確認
6)朝夕各1回、成形サンプル抜取確認
7)成形終了時、終物サンプル確認
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本社検品仕上げ室
 
本社 クリーンルームにてASSY作業
 
 
 ◆仕上げ、ASSY工程
 
1)成形品の外観を全数、目視確認
2)必要に応じアッセンブリー(クリーンルーム)
3)外観検品後、計量作業、梱包作業

 

 
 

◆出荷検査

検査室では、出荷検査はもちろんのこと、自社生産品の抜取サンプリングによる品質確認並びに協力工場生産品の受入検査を実施しております。

 

 

◆顧客別積込み

◆顧客配送

近隣の場合は自社便にて納品させて頂きます。

 
  
  
    
 
>>トップページに戻る
 
プラスチック射出成形加工/委託生産・委託製造



森田ライト工業株式会社
 本社工場
2017年、お陰様で創業70周年を迎えることが出来ました。
 
 
 
  
 
      
 
 
    お問い合わせ時間

9:00~17:00

問い合わせフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:日曜日・会社カレンダーによる

 
関連会社
 
[製造委託]電気製品の完成品組立、
ブロックアッセンブリ